入院のご案内

入院手続きに必要なもの

 

・各種の保険証
・印鑑
・限度額適用認定証
・お小遣い
※なお、連帯保証人などの住所・氏名・捺印も必要になります。
※住所・電話番号・保険証などの変更がございましたら、受付・医事課までご連絡ください。

 

入院の際に用意するもの

 

・普段着、下着、寝衣
・運動できる服装(作業療法で使用します)、運動靴
・洗面用具(洗面器、石けん、タオル、歯ブラシ、歯磨き粉、プラスチック製コップ)
・室内用スリッパ、サンダル
・ティッシュペーパー
・洗濯物干し用ハンガー、洗濯用洗剤
・電気カミソリ(男性)
・生理用品(女性)
※持ち物にはトラブル防止のために名前をご記入ください。
※衣類等はご自分で管理していただきますが、管理が難しい方は、各病棟へご相談ください。

 

ご面会について

 

面会時間は午前9時から午後8時までです。ご面会の際は、受付または各病棟へお申し出ください。
当院では、毎日所定の作業療法などの治療(リハビリテーションプログラム)が行われていますので、しばらくお待ち願うこともあります。
ご面会は、病状によりご遠慮いただく場合があります。
食べ物のご持参については食品衛生上、治療上の観点から病棟にご相談ください。

 

入院中の食事について

 

食事の種類    一般食及び特別食(脂質異常症・糖尿病食等)
食事時間     朝食 8:00   昼食12:00   夕食18:00
嗜好調査     食事の質を向上させる目的で、年2回実施
選択メニュー   週2回(水曜・金曜)、昼食と夕食に実施(朝食はパンメニュー)

 

退院支援の取り組み

 

実践料理     火曜日にミーティングと調理実習を隔週にて実施

退院後の生活への不安を少しでも減らせるよう、買い物から調理実習までをサポートしています。(男性の参加もあります)
 

施設案内

 

【2F病棟】
精神症状が比較的重く、長期入院や再入院を繰り返す患者様を受け入れている閉鎖病棟です。
安全な環境で、安心して過ごすことができる様に、集中的な治療を行っており、セルフケア能力などの維持・向上に取り組んでいます。
院内喫茶でティータイム、近所の公園まで散歩、病院車を利用したバスハイクなど、職員も一緒に楽しむ時間を共有しています。
 
【3F病棟】
3階病棟には、主に慢性期の患者様のほか、回復期や休息期の患者様が入院されております。
私共病棟スタッフは、患者様に安全で気持ちの良い療養環境を提供させて頂くと共に、信頼される治療や支援活動を日々心がけてまいります。
また、患者様が入院生活の中で、目標や課題を見出し、互いに理解し合いながら支援を考えてまいります。
 
病棟の目標:
・安全で気持ちの良い療養環境を提供します。
・信頼される看護を目指します。
 
【4F病棟】
病棟では、薬物療法、精神療法、作業療法、カウンセリング、SST(CST)を中心に行っています。
また、他職種を含めたカンファレンスを行い、チーム医療による退院支援、退院前訪問看護などを積極的に取り入れています。
患者様の「こうなりたい」という思いを引き出して目標を設定し、個別プログラムにそって、生活リズムの調整や対人関係の改善に取り組み、より良い家庭生活、社会復帰に向けてお手伝いしています。
 
病棟の目標:
精神科看護の専門的能力を発揮し、まごころある看護を提供します。

入院のご案内

入院のご案内

入院手続きに必要なもの

 

・各種の保険証
・印鑑
・限度額適用認定証
・お小遣い
※なお、連帯保証人などの住所・氏名・捺印も必要になります。
※住所・電話番号・保険証などの変更がございましたら、受付・医事課までご連絡ください。

 

入院の際に用意するもの

 

・普段着、下着、寝衣
・運動できる服装(作業療法で使用します)、運動靴
・洗面用具(洗面器、石けん、タオル、歯ブラシ、歯磨き粉、プラスチック製コップ)
・室内用スリッパ、サンダル
・ティッシュペーパー
・洗濯物干し用ハンガー、洗濯用洗剤
・電気カミソリ(男性)
・生理用品(女性)
※持ち物にはトラブル防止のために名前をご記入ください。
※衣類等はご自分で管理していただきますが、管理が難しい方は、各病棟へご相談ください。

 

ご面会について

 

面会時間は午前9時から午後8時までです。ご面会の際は、受付または各病棟へお申し出ください。
当院では、毎日所定の作業療法などの治療(リハビリテーションプログラム)が行われていますので、しばらくお待ち願うこともあります。
ご面会は、病状によりご遠慮いただく場合があります。
食べ物のご持参については食品衛生上、治療上の観点から病棟にご相談ください。

 

入院中の食事について

 

食事の種類    一般食及び特別食(脂質異常症・糖尿病食等)
食事時間     朝食 8:00   昼食12:00   夕食18:00
嗜好調査     食事の質を向上させる目的で、年2回実施
選択メニュー   週2回(水曜・金曜)、昼食と夕食に実施(朝食はパンメニュー)

 

退院支援の取り組み

 

実践料理     火曜日にミーティングと調理実習を隔週にて実施

退院後の生活への不安を少しでも減らせるよう、買い物から調理実習までをサポートしています。(男性の参加もあります)
 

施設案内

 

【2F病棟】
精神症状が比較的重く、長期入院や再入院を繰り返す患者様を受け入れている閉鎖病棟です。
安全な環境で、安心して過ごすことができる様に、集中的な治療を行っており、セルフケア能力などの維持・向上に取り組んでいます。
院内喫茶でティータイム、近所の公園まで散歩、病院車を利用したバスハイクなど、職員も一緒に楽しむ時間を共有しています。
 
【3F病棟】
3階病棟には、主に慢性期の患者様のほか、回復期や休息期の患者様が入院されております。
私共病棟スタッフは、患者様に安全で気持ちの良い療養環境を提供させて頂くと共に、信頼される治療や支援活動を日々心がけてまいります。
また、患者様が入院生活の中で、目標や課題を見出し、互いに理解し合いながら支援を考えてまいります。
 
病棟の目標:
・安全で気持ちの良い療養環境を提供します。
・信頼される看護を目指します。
 
【4F病棟】
病棟では、薬物療法、精神療法、作業療法、カウンセリング、SST(CST)を中心に行っています。
また、他職種を含めたカンファレンスを行い、チーム医療による退院支援、退院前訪問看護などを積極的に取り入れています。
患者様の「こうなりたい」という思いを引き出して目標を設定し、個別プログラムにそって、生活リズムの調整や対人関係の改善に取り組み、より良い家庭生活、社会復帰に向けてお手伝いしています。
 
病棟の目標:
精神科看護の専門的能力を発揮し、まごころある看護を提供します。

このページのトップへ サイトマップ